e-古着着物買取ガイド:着物の買い取りはおまかせください!

e-古着着物買取ガイド ホーム

友達の話によれば、祖母が

友達の話によれば、祖母が亡くなり、着物を譲られたけれども自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかといろいろな人に聞いていました。素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、買取を断られたらどうしようという悩みもあるようです。そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。友人もさすがに、リサイクルをもういいと思ったようです。中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者のWEB広告を目にする機会が増えました。箪笥の肥やし状態で放っておくと、保管場所に気を遣ったつもりでも、わずかに残った皮脂汚れでシミが浮いたりして着物そのものの価値が落ちます。



大事に保管してきたものはリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、早めに連絡して、買い取ってもらうと良いでしょう。

着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、どの業者に持ち込むといいかと考えて何を判断材料にしたらいいか、です。現在は、ネットで簡単に多くの業者を見つけ、全国を対象に探せるので却って迷うのではないでしょうか。よく見かける町の古着屋でも、着物を買い取る店が多いでしょうが、高値がつくかなと思うなら、着物の専門店に依頼するのがベターです。専門店だからこそ、着物の知識、経験が十分な鑑定人の目を通せるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。



祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。


いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、いわゆる作家ものの着物はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。
実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく小物も同時に買い取りたいのがわかります。
そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでいろいろな品を仕入れることができるのでトータルで高値をつけるという業者の話もうなずけます。和装小物は細かいものがいろいろありますが、どれでも使わないものをこの際なので全部まとめて、着物と合わせ宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。


基本的に、着物の買取価格を決定する大きな条件は、着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。


いわゆる高級ブランドの着物でも査定時に汚れや、カビをチェックされると絶対高値はつかないのがごく当たり前です。
ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、それなりの値がつくこともあり得ます。どんな場合も、安易に決め込むのではなく、無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。



多くの着物買取業者では、着物と帯の他にそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなどもセットで売ることもできます。


ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。



襦袢は下着の位置づけなので着用済みだとほとんど売れないからです。



襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。
査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。
着物の買取を思い立って、それならと高く買い取ってもらうには何が必要かいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。

当然ですが、もともと高級な着物であることは最低限要求されます。
さらに、シミや傷がついていないかどうかも査定のときにはシビアに見られるようです。もとがどんなに高価だったとしても査定で傷を発見されるとそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。



サイズが合わない着物の買取先を探していたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。
やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。
自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も思いの外、多く見かけます。着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、晴れの席からお茶会まで、未婚でも既婚でも幅広く着ていけるためです。訪問着で、手放してもいいものがある方は、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 e-古着着物買取ガイド All rights reserved.